事業概要

  1. ホーム
  2. 事業概要

農産物販売事業

農産物販売事業
01 農業用資財

生産者による消費者への直接販売は、消費者ニーズを捉える絶好の機会であり、ふれ合いから生まれるよろこびは、夢のある農業経営につながります。サングリン太陽園は地域社会、地域の農業とともに成長する企業として、地産地消を強く意識した農産物販売を行っています。地元でとれた旬の農産物を消費者に供給する中で消費者の農業への理解を促し、信頼され愛される北海道農業を実現します。

02 インターネット販売

インターネットを活用し、タイミングを逃さない販売を行うショッピングサイト「北海道うまいもの農園」を運営しています。北海道の生産者が“これぞ本物”と自信を持って作る農産物を厳選し、産地直送で消費者にお届けしています。また、JA夕張市公式ショッピングサイト「JA夕張市ネットショップ」の運営を請け負い、販路の拡大に貢献しています。

農業生産資材事業

農業生産資材事業
01 農業用資財

01 農業用資財 サングリン太陽園は創業以来の豊富な業務経験により、北海道各地の農業、生産環境、抱える問題を熟知しています。自然条件を克服するハウス関連資材、高効率の農業を生みだす被覆資材・生産資材、ノウハウを知り尽くして提案する暗渠資材、畜産資材。国内はもとより世界のあらゆる農業資材から、北海道の農業に適した一級品を選りすぐってご提供しています。
02 稲わら分解促進材

微生物が産生する酵素を資材化した、新しいタイプの稲わら分解促進材を取り扱っています。酵素をそのまま散布するため、従来の微生物資材と異なり、温度や水分などの土壌環境などに左右されないという特徴があり、寒冷地や湿田地域でも利用しやすい製品です。ガスわきや浮きわらを低減させながら稲わらの分解を促進し、農業者の作業効率の改善及び農作物の収量アップに貢献します。

03 農業用薬品

農業技術の重要な柱である農業用薬品は、生産性の向上、それに伴うコストダウン、労働力の省力化、そして食糧の安定供給に大きく貢献してきました。サングリン太陽園には、90年にわたる農業用薬品の販売実績があり、また、厳しい安全性試験と登録基準をクリアして開発された優れた製品群を扱っています。豊かな収穫をもたらす、安全性が高く、環境負荷の少ない良質な薬品を情報とともに提供しています。
04 肥料

農業生産活動に伴う化学肥料の環境負荷が問題とされています。サングリン太陽園では消費者、生産者のニーズに応える、安全・安心かつ環境保全に配慮した肥料を取り扱います。有機質原料を多量に含んだ有機化成肥料は、生産現場の声をもとに作られた汎用性の高い肥料であり、作物のすこやかな生育を助け、農業者の生産活動を支えています。

03 各種農業用フィルム生産

「熱板式連続溶着自動機」で高速連続加工を実現。道内3カ所の自社工場で、ハウス栽培・トンネル栽培などさまざまな用途・サイズに応じた製品の生産を行っています。各メーカーの規格品を豊富に取り揃え、専門の知識と熟練の技術を持った職員が生産性と作業性を重視した高品質なフィルム加工を行っています。

産業用無人ヘリコプター事業

産業用無人ヘリコプター事業
01 農業用無人ヘリコプター販売

高齢化した労働力を快適作業で補い、経営規模の拡大、生産コストの低減に効果を発揮するのが産業用無人ヘリコプターです。若い後継者を中心に産業用無人ヘリコプターを取り入れた農業経営は増えつつあり、産業用無人ヘリコプターの導入による作業体系の確立と効率化は地域農業を守る力となっています。グループ会社の北日本スカイテックでは(一社)農林水産航空協会の認定を受けたオペレーター教習施設「無人ヘリスカイテックアカデミー」を開催。安全運行研修会も開催し、適正な農薬使用、利用技術の拡大を継続的に支援しています。また、(一社)農林水産協会認定整備工場で、認定整備士資格を有する専門技術者が機体を整備・調整。最良の状態でご使用いただけるようにサポートします。
02 肥料

産業用マルチローターは、産業用無人ヘリコプターよりも機体が安価で、軽トラックで簡単に持ち運びできるほど軽量、コンパクト。個人・少人数で所有がしやすいのが特徴です。作物状況に合わせた個々のペースでの防除作業がしやすく、防除の効率化をさらに促進すると期待されています。グループ会社の北日本スカイテックでは、産業用無人ヘリコプターと同様に、(一社)農林水産航空協会の指定を受けた教習施設「マルチローターアカデミー」でのオペレーター養成、認定整備施設でのメンテナンスなどに対応しています。
03 肥料

当社における産業用無人航空機請負防除の面積は年々増加し、水稲・畑作物・果樹の薬剤散布、は種など、使用されている分野も広がっています。産業用無人航空機で薬剤散布作業を行うためには、操縦や薬剤散布に関する技能と知識が必要です。社内ではアカデミーを開催し、専門知識の習得と請負防除体制の充実に努めています。

産業用無人ヘリコプター事業

ICT関連事業
01 SCAP販売

サングリン太陽園が独自開発した、GISを活用した農業支援システムです。
産業用無人航空機での散布作業履歴をデータ化することで、散布と同時にトレーサビリティー管理も完了できます。圃場情報のみならず危険物位置など周辺情報も取り込み、安全かつ確実な散布作業の遂行を実現します。
02 アシストスーツ販売

腰は、農作業時に特に大きな負荷がかかる部位です。アシストスーツは、使用者の動きに追従してギアが回転。腰部にかかる負担を軽減します。
農業現場への普及促進に努める一方で、当社フィルム加工場で試用を行うなど、さらなる用途開発に取り組んでいます。